スクラッチ(教材)について

 
 

スクラッチ(教材)について

 

さて、プログラミングといってもいろんな教材がありす。

愛知学習塾ではスクラッチ(以下scratchと明記し

ます)という教材とノートパソコンとマウスを使っ

てプログラミングを学びます。タイピングが出来なく

てもマウスがあるので大丈夫です。

動画を見ながら操作方法、動かし方などを学習します。

自分で選んだキャラクターに動きを指示したり 、

そのキャラクターを登場させてゲームを作ったりします。

例えば「10歩動かす」というボタンをマウスで

選んで押すと画面の中のキャラクターが10歩進みます。

これに「ずっと」という条件(ボタンを押す)を追加する

と「ずっと」「10歩動かす」=歩くという動きをプログ

ラムした事になります。子供向け教材なので、動きのボタ

ンは最初から用意された中から選ぶ事が出来ます。

単純作業ですが、これを繰り返していろんな組み合わせを

作る事によって、キャラクターがいろんな動きをするよう

になります。子供達のアイデアや創造性は無限なので、

いろんな組み合わせを自由に試して、飛んだり、音を出す

ようにしたり、そしてそのうち迷路ゲームや鬼ごっこゲー

ム、シューティングゲームを作ったり、童話を作った

り出来る様になります。

子供達が自分の考えたものを表現するツールの一つとし

て、プログラミングを学び、身近なものとして親しむ

第一歩になるよう願って作られた教材がこのscratchです。

余談ですが、幼稚園児くらいの子供たちに人気なのが

ロボットにプログラムをしていくロボットプログラミ

ングです。ロボットに自分で考えた動きをするように

プログラムをします。するとロボットが自分の指示し

た通りの動き方をします。こちらも楽しいですよね。

パソコンの中のキャラクターの代わりに実際のロボットで

プログラミングを学ぶ教材です。

こちらは割と小さいお子さん向けに人気の

プログラミング教材です。

プログラミングの教材はロボットを使うものや、レゴ

ブロックを使うもの、当塾のようにノートパソコンの

画面の中だけでプログラミングを学ぶもの、様々です。

愛知学習塾では、現在通っている生徒達は小学生から

中学生ですので、その年代に合わせて、

ノートパソコンでのプログラミング教材(scratch)を

選びました。

教材はとても楽しいもので、ワクワクしてもらえると

思います。

自分で考えたゲームを作ったりお話を作ったりできる

ようになります。

落ちてくるリンゴをキャッチしたらゾウが鳴くように

しよう!とか自分のアイデアをそのまま表現できるよ

うになります。使用するスクラッチという教材はマサ

チューセッツ工科大学が開発した子供向けプログラミ

ング教材です。世界中の子供達がこのスクラッチでプ

ログラミングを学んでいます。塾で使うときは日本語

にしてあり、漢字の読めない子には全部ひらがな対応

が出来ます。

子供達は知らず知らずのうちにパソコンに親しみを覚

え、使いこなしていきます。

  ↑ タイピングも学べます!!

プログラミング講座(三好限定)2.html2.htmlshapeimage_1_link_0
プログラミングって何に・・?3.html3.htmlshapeimage_2_link_0
TOP01.html2.htmlshapeimage_3_link_0